名称未設定

アニメ不毛の地に住むオタクのブログ

声優ラジオのウラオモテ #01 夕陽とやすみは隠しきれない?

声優ラジオのウラオモテ #01 夕陽とやすみは隠しきれない?

声優ラジオが題材の作品。同じように声優ラジオを扱った『彼女はつっこまれるのが好き!』同様にサクサク読める作品でした。

学校での様子とギャップのある女子高校生声優が主人公でテンプレ感を若干感じますが、おもしろい作品でした。2巻出るのかなぁ。

落第騎士の英雄譚 17巻

前巻からの続き。 主人公もメインロインも未登場。

九州全土に影響が出る災害レベルの老人との戦い。 協力して強敵を倒すという流れは、よくあるテンプレであるものの、 オールスター感があって面白い。

東京では別の戦いがはじまっており、次の巻も楽しみ。

理想の娘なら世界最強でも可愛がってくれますか? 第3巻

第一部完といった感じ。 前巻のクーデターは今巻で終了。

父 冬真の規格外スペックがすごいことになっている。 まだ物語は続くようだが、今後、インフレがすごいことにならないのだろうか。

ぽけっと・えーす! 1巻

またまた小学生がヒロインな蒼山サグ×てぃんくるの最新作。今回は小学生×ギャンブルです。主人公の年齢も上がり、今まで以上に犯罪臭がしてきますね。

ポーカー知らないと、読んでてポカンかもしれないですね。 バンドとかバスケと比べると、とっつきにくさがあるかな。

ロクでなし魔術講師と追想日誌5巻

ロクでなし魔術講師と禁忌教典』の短編集第5巻。

グレンが天災教授の発明に振り回されるドタバタ展開な『勃発、愛の天使戦争』、イヴが特務分室の室長だったころの話『室長サマの憂鬱』、魔術に失敗して猫の姿になってしまたシスティーナの『猫になった白猫』、虫歯の治療から逃げる『リィエル捕獲大作戦』、特務分室時代のジャティスとグレンの正義がぶつかる『THE JUSTICE』の5編。

感想

グレンとジャティスの話を除き、コメディ色強め。

ロクな部下がいない室長の苦労が見られる『室長サマの憂鬱』が一番よかったです。イヴさん、最初の頃はできる女性みたいな感じでしたが、最近ではポンコツ臭がしますね。

あいかわらず、ジャティスはぶっとんでますね。

ゲーマーズ!12巻 ゲーマーズと青春コンティニュー

ゲーマーズ!最終巻。

感想

前巻でついに恋人同士になったはずなのに、序盤からイチャイチャしている景太と千秋。 意外な所からのスタートや相変わらずのすれ違いラブコメゲーマーズ!でした。 全編通して、すれ違いやぶっとんだ発想が多く、安定した面白さでした。

あとがきは懐かしさを感じるもので、さすが葵せきな先生です。

白銀の墟 玄の月 1巻、2巻

十二国記18年ぶりの新作長編がやっと出ました。舞台はついに戴国へ。 蓬莱の泰麒の様子が描かれた十二国記0巻といえる『魔性の子』、泰麒が驍宗を王に選ぶまでが描かれた『風の海 迷宮の岸』、各国が協力して泰麒を救出する『黄昏の岸 暁の天』に続く物語。『黄昏の岸 暁の天』で帰還した泰麒が戴国へ帰還。ついに驍宗を探す旅がはじまります。

驍宗を探す李斎と泰麒。協力者が増えていき驍宗の手がかりを追っていく。1巻の序盤で、それっぽい男の描写があったので、意外と早く合流となって阿選討伐準備がされるかと思いきや、2巻まで終わっても、驍宗との合流は叶わず。

泰麒は民を救うため途中で李斎と別れ白圭宮へ。泰麒と別行動になったことで、李斎は驍宗の死がまったくわからない状態に。死亡した武将は本当に驍宗なのか。泰麒、李斎の視点で物語が進んでいきますが、互いの時系列が描写順なのかはわかりません。

18年ぶりの新刊はファンタジー以外にミステリー要素も感じます。